前の『会』のご案内
 
 

〈シーズとニーズ・2016年度特別例会(1)〉

 

センサ工業─ そのMaterial&Technology

 

 機器や装置の機能発現の源です。必ずしも表にでるとは限りませんが、これこそこれからの日本の部材工業を支える柱と考えます。
 私たちはこれまで20年にわたり「成膜」のタイトルで、WORK SHOP風の出会いの場を作ってきました。それは膜づくりや軽く薄い材料のための加工技術こそ重要な基礎技術と考えたからです。
 センサシリーズはその続篇です。
 まさにIoT/Internet of Thingsをめざすものです。

 
 一方通行の講演会ではありません。
 知識や情報は、次のものづくりに役立てるためにあるべきと考えます。
 次のモノとは、やはり世界に打って出て競争できる技術や製品。それらは必ずしも大量生産である必要はないと考えます。
 自社の製品(パネル等も)と一緒に参加して下さい。
  展示料は無料です。
 
PROGRAM
講演を中心とした主な内容 (順不同)
(1) 導入部(7/20実施)の概略報告
◆ 「I oT & ビッグデータ時代におけるセンサ技術」小林彬氏(次世代センサ協議会会長・東京工業大学名誉教授)
◆ 「ロボット工業の現状と将来」石原昇氏(サイコム・ブレインズ()、元野村総研)、日本ロボット工業会など

(2) 講演「日本工業の現状とセンサ工業への期待」泉谷渉氏(産業タイムズ社代表取締役)

(3) 講演「多品種少量生産は可なりや。ミニマルファブの展開」原史朗氏(産総研ナノエレクトロニクス研究部門ミニマルシステムG)

(4) 講演「お経より具体論/イノベーションシステムの変革はここから」安永裕幸氏(産総研理事・企画本部長)

(5) 講演「自動車のセンシングシステム」下村倫子氏(日産自動車()モビリティーサービス研究所)

(6) 講演「身の回りで役立つMEMSとその開発環境」戸津健太郎氏(東北大学マイクロシステム融合研究開発センター)

(7) 講演「生体情報計測と医療への応用」関谷毅氏(大阪大学産業科学研究所教授)

(8) 講演「金属内包シリコンナノクラスターの創製」中嶋敦氏(慶應義塾大学理工学部教授)・塚本恵三氏(()アヤボ代表取締役)

(9) 講演「トリリオンセンサの開発とその展望」寺崎正氏(産総研トリリオンセンサ研究グループ長)
(10) 講演「センサのセキュリティ-への応用」毛塚博史氏(東京工科大学)

備考:上記はゲストの講演プログラムです。

進行は、A (10:00〜12:00) 、B (13:00〜15:00) 、C (15:30〜17:30) と進みます。

なお、上記の外部専門家以外にも、参加企業からのプレゼンテーションも加わりますので、

最終的な進行予定は、当日会場で配布します。
参加企業からのプレゼン

参加各社のプレゼンスピーチは、第2会議室でも行います。
 
この会は、国立研究開発法人産業技術総合研究所のご支援・ご協力のもとに、特定非営利活動法人 シーズとニーズの会が企画・推進するものです。
 

時:2016年9月8日(水) 10:00〜18:30
場:(独)産業技術総合研究所 臨海副都心センター別館 11階
会□場:(ゆりかもめ「テレコムセンター」駅下車)
会:東京都江東区青海2-4-7   (Google Maps)

参加費:一般 1名 35,000円、会員 1名 22,000円
(資料代、展示・出品料、昼食代、懇親会費等全て含まれます。参加申込いただいた方には請求書と会場案内図を送付。入金確認後、参加証をお送りします。)
細:その他詳細については事務局までお問い合わせください

 
今後の『会』については、こちらをご覧下さい
さらに過去の『会』については、こちらをご覧下さい

(c)2016 SEEDS-NEEDS, Org. All rights reserved.