前の『会』のご案内
 
 

〈シーズとニーズ・2015年度一般例会(5)〉

 

有機化学で何ができるか
──さらに新規事業のために 《3回シリーズの第1回》

 

 ここでもそのベースは Material &Technology。そして化学。
  有機化学といっても広範囲にわたりますが、今回は機能素子やデバイスなど、エレクトロニクス分野を中心に3回シリーズで進めます。
  そして、研究現場重視、若手気鋭の研究者からの具体的発表と提案に基づき、明日の新規事業を探ります。

PROGRAM
(順不同)
 
(1)「有機化学の現状とその拡がりと新規事業の可能性」
 
−導電性高分子、熱電変換、断熱・蓄電材料、触媒、センサなど−
八瀬 清志 氏 
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 
評価部・首席評価役 
(2)「研究現場からの報告・提案/
     材料としての“液晶のさらなる可能性について”」
 
山本 貴広 氏 
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 
機能化学研究部門 主任研究員 
 
(触媒は化学品製造技術の要。グリーン・イノベーションを通じた持続可能社会構築に向けた、キーテクノロジーの一つ)
(3) 企業有志からのプレゼンテーション
 
<1> (株)ダイワ工業/岡谷市
 技術・会社案内と、特に「パワーエレクトロニクスのためのプリント基板」
  について
 
 
<2> ヘレウス(株)/東京都・文京区
 会社・商品案内と、「ドイツ的経営、またはドイツ人」について

 
<3> トーヨーカラー(株)/東京都・中央区
 技術・会社案内と、「カーボンナノチューブ製品について」について

(4) まとめと第2回・第3回の案内
(5) 懇親会(希望者のみ)
   「北海道」飯田橋駅前店(飯田橋ラムラ20F)
補遺:有機化学応用の重要な産業とその技術について/主として事務局からの報告
 

時:2015年11月17日(火) 13:30〜17:00
場:東京理科大学 森戸記念館 (東京・神楽坂)
会:都新宿区神楽坂4-2-2 

参加費:会員 1社2名まで 無料
参加費:一般 1名 10,000円
細:その他詳細については事務局までお問い合わせください

 
本3回シリーズは、タイトル通り「有機化学への期待」としますが、その目的は、あくまでも産業技術化、即ち新しい製品や新規事業の創出です。
全体の企画と構成を、八瀬清志氏(国立研究開発法人産業技術総合研究所)にお願いし、可能な限り研究者と企業との実務的な結びつきを図ろうと考えています。
第2回以降の予定は

  第2回 2016年1月21日(木) 13:30〜17:00 / 化学会館
  第3回 2016年2月23日(火) 13:30〜17:00 / 東京理科大学・森戸記念館

各回のプログラムは、追って連絡します。
なお、2015年12月は、締め括りの会(忘年会)を東京で開催します。
(日時・会場未定)
 
今後の『会』については、こちらをご覧下さい
さらに過去の『会』については、こちらをご覧下さい

(c)2015 SEEDS-NEEDS, Org. All rights reserved.