前の『会』のご案内
 
 

〈シーズとニーズ・2015年度一般例会(4)〉

 

もう一つの現場へ
─新しく作ることだけでなく、いかに壊し捨てるかも課題

 

人が生きていることは、即ちゴミを出すこと。
それは人間の歴史始まって以来ののこと。
私たちはそのことを営々と繰り返しているわけですが、これほど都市集中化が進み、大量 生産・大量消費のなかった時代は、大きな自然の循環システムの中で、一種の自浄化作用で、何とか環境を保ってきたのですが、今はそうもゆきません。
人間1人が、一日に出すゴミの量は857g。
その収集・運搬・処理・処分にかかる費用は、 ゴミ1s当たり55,529円。(いずれも平成25年、東京都調べ)
今は昔のように、ゴミをそのまま海に捨てることはしません。一旦焼却し、様々な中間 処理の後、埋め立てています。
その場所は、やはり海です。

本会は、環境教育教室でも、モラル振興の場でもありません。
技術で生み出された物はものは全て人間の所業。それを解決してゆくのもまた人間の所業。
例えば、技術課題にしても、@燃やすこと(焼却炉他) A排ガス・排水 B破砕 C金属などの 回収 D各種計測 E発電や熱利用 Fダイオキシン、水銀、鉛、塩化水素、硫化水素、窒素 酸化物等対策などいろいろあります。
 

時:2015年10月7日(水) 13:00〜17:00
場:第1会場 東京都環境局中防合同庁舎→埋立処分場
会□場:東京都江東区青海三丁目地先
会□場:第2会場 東京都産業技術センター(江東区青海2-4-10)
集合場所:産業技術総合研究所臨海副都心センター本館と別館の間の道路に チャーターバスが待機しています。(12:30〜12:45/時間が来たらバスは出発)
参加費: 無料 (但し、バスのチャーター代は参加者の均等割で負担いただく。3000円位の予定)

ご注意:現場は、乗用車、タクシー、自転車、徒歩では行けません。
ご注意:この辺りはいわば陸の孤島。タクシー、コンビニ、食堂はありません。
細:その他詳細については事務局までお問い合わせください

 
今後の『会』については、こちらをご覧下さい
さらに過去の『会』については、こちらをご覧下さい

(c)2015 SEEDS-NEEDS, Org. All rights reserved.